トマトは美容効果も高く、多くの女性の味方

投稿者: | 2017年7月19日

真っ赤なトマトは、抗酸化成分のリコピンがたっぷりの健康野菜のひとつです。

リコピンには非常に高い活性酸素除去効果があり、アンチエイジングや疾病予防など様々な作用が期待出来ます。トマトと言えば通常サイズの物の他に、その約1/10サイズのミニトマトがありますね。

ミニトマトもトマトと同じように馴染み深い野菜です。家庭料理ではトマトを使い、お弁当にはミニトマトというように使い分けている人もいるんじゃないのでしょうか?

実はトマトとミニトマトは、そのサイズが違うだけではなく後者のミニトマトの方が栄養価が高いと知っていましたか?もちろん、トマト1個とミニトマト1個の栄養価はサイズが違い過ぎるだけに正しい比較にはなりません。でも、100gあたりの栄養価を比較するとミニトマトの方がずっと栄養価が高くなっているのです。例えば、トマトの有効成分であるリコピン。このリコピンもミニトマトの方が約2倍近くの含有量があるんですよ。

その他、むくみの解消や高血圧の解消に有効なカリウムもビタミンC、食物繊維もミニトマトの方が含有量が高くなっています。ですから、普段の食事ではトマトばかりを使っているという家庭でも、ミニトマトを積極的に取り入れてみて欲しいですね。お弁当だけに使うなんて、勿体ないですよ。

また、トマトの栄養を効率的に摂取するなら、生のままよりも焼きトマトにして食べることをオススメします。トマトを加熱することによって、なんとトマトの有効成分であるリコピンの吸収率は3倍にもなるのです。しかも、加熱するとトマトの甘味も増すので酸味が苦手という人にもピッタリな調理方法です。ミニトマトなら焼きやすく、調理もとても簡単なので是非焼きミニトマトにして食べて見てください。油を使って焼くと更に吸収率が良くなりますよ。

焼きミニトマトなら、ドレッシングいらずで沢山食べる事が出来ますね。もし、トマトの効果を今まで以上に実感したいのなら、ミニトマトを選んで焼いたり加熱したりして食べてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です